熱中症の7月



6~7月にかけて、公募展、高岡クラフト2018に挑戦したいと思った。

昨年の図録の審査員同士の論評が熱かった。

今年のテーマ「抱擁」に沿った新作をと、

何度も駄作、欠陥、を繰り返しながら試行錯誤だった。



f0332160_19271719.jpg


tosuito(陶水筒)

簡易的なポットに、湯を注いでコップでスタッキング、

余熱で包み込んだコップを温めるという仕組み。



f0332160_19501155.jpg


作品の構想と構造はわりと早くに閃いた。

デザインは最初違うものを考えてたが、胴部とコップの接点の横筋が気になると

ヨーコちゃんが強く指摘してくれた。ヨーコちゃんも高岡クラフトのファン。



f0332160_21015288.jpg


その通りだった。

無地や縦筋系の模様だと、完璧に寸法と模様を合わせられない限り恐らく気になる。

そもそも「横筋2本線というのが美しくない」という事が新鮮な発見だった。


模様を横筋系に変更。以前僕がやってたズレ段差シリーズを提案したのもヨーコちゃん。

その後、他にもいろいろ欠点が浮上するが、有益な意見を会員さん方から頂けた。

みんなありがとう、そして入選を頂けたのは僕にとって深い。



高岡クラフト2018 9月21日~9月25日 高岡大和にて



(なお、実用を重視した僕の陶水筒は、沸騰した湯をポットに入れて5分蒸らした際、

胴部の持ち手がけっこう熱く、使う人がうつわを落下してしまわないか心配になり

販売を不可と変更させて頂きました。 運営関係者様、申し訳ありません)







f0332160_19553643.jpg


北川さんの半磁器土で作ったコップ。僕のと少し似てるのがなんか嬉しい。

胴部をフリーハンドで削って装飾、ひとくふうしようという精神がさすが。






f0332160_19523620.jpg


使い方多様な、藤森さんのけっこう大き目平鉢

豆皿とかを乗せたりして、綺麗に料理を盛ったりしたいとか。







f0332160_19513995.jpg


窪田さんのマーライオン?と甥っ子の坊や。

置き方によってなんかストーリー作れそうだね。






f0332160_20041570.jpg


マスキングを使って装飾に挑戦の金山さん。

黄色から緑へのグラデーションにしてる工夫もいいねb






f0332160_19543786.jpg


オモダカさんのタタラで作った楕円皿。

黒化粧の上からイッチンでぷつぷつ白化粧を乗せた、かわいい!






f0332160_19574971.jpg


永崎さんの松皮文水盤、直径30センチ強!

弓を使って側面を削ぐように荒らす。伊羅保釉を吹き付けて雰囲気も良し。







f0332160_20010664.jpg


松皮文シリーズの進化系の僕の新作そば猪口。

透光性のある磁器土の薄いとこから光が透けるように作ってみた。






さあーて、今月分も書くぞお



by tatararara | 2018-08-30 16:24 | Comments(0)

日々のアレコレ、あと陶芸


by tatararara
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る