トリならべ




成長過程

f0332160_19074064.jpg

ごまたまご→東京ひよこ→グーグーがんも  中嶋さん作



年賀状用の干支物作る人はそろそろ作りはじめてね。


成形→削り→乾燥→素焼き→施釉→本焼き→撮影だからね。


今年は「間に合いませんか?」に「間に合いません」て答えっから!






f0332160_19093548.jpg

三つの段差をそれぞれ三色に施釉。

みーちゃん作の鉢カバー




f0332160_15224694.jpg

さとちんは自作のハンコを縁にあしらう。

文様に入った飴釉の濃淡がいい雰囲気b




f0332160_15220521.jpg

丁寧に規則的にマスキングで抜いたオモダカさん。

釉掛けはシンプルにズブ掛けで充分。いい仕上がりになってる。





f0332160_15245358.jpg

マスキングの貼り方と色の風合いを研究中の清水さん。

外黒化粧&内黒天目のコラボはシックで好評。




f0332160_15204406.jpg

既成のスタンドに張っつけて陶額として使用。

色んなテクスチャーのタイルを楽しんで張っつけた堀さん。




f0332160_15193256.jpg

象嵌での装飾がパキッと出たわんちゃんエサ入れ。

既成のスタンドにはめて使用。サイズもぴったし!久保さん作





f0332160_15183184.jpg

トリカゴ?いやいやネコハウス? 

青と白を基調にとのオーダーを受けて制作したみおたん。








東京ひよこをもらったので・・


f0332160_15160520.jpg

せっかくだから並べてみた。


f0332160_15154555.jpg

僕はあたまから食べる派。




[PR]
# by tatararara | 2016-11-24 23:46 | Comments(0)

お店っぽく



制作意欲の低い時は、だいたい大工熱が上がる。

f0332160_17385760.jpg

3年前からなんかしようと思ってた出窓にようやく棚を設置。

広く明るく見せれるようにスッキリ系に仕上げてみた。



open closeの看板もなかったので、こんなんも作ってみた。

f0332160_17382927.jpg

ちょっと死んでる目がいいでしょ。

外に置きっぱなしにしとくので、ご自由にお撫でください(無料)










f0332160_17351288.jpg

久保さん作のシーサーオスメス

ざっくりした雰囲気と色合いは、ざっくりと狙いどおり。




f0332160_17343995.jpg

オモダカさんのしのぎリム皿。

凹凸がある事でトルコ青の濃淡がより雰囲気だしてるね。




f0332160_17341067.jpg

しほちゃんのお手製印花紋のスープカップ。

黒土にチタン釉を掛けるとピンクになるイリュージョン!




f0332160_17362947.jpg

ペラペラタタラで作った森田さんの小皿たち。

厚さ3ミリ。スッキリした感じがいいねb




f0332160_17353538.jpg

蓋の収まりがいい、東さんの蚊取り線香入れ。

間に合わなかったんじゃなくて、きっと季節の超先取り。




f0332160_17335119.jpg

堀さん作、ガーデニング用の風見鶏。

切り抜きも丁寧。「酉」ってなってる、年賀状にも使えそうだ。




f0332160_17325963.jpg

手前のは額ってわかるよね。

奥のは・・


f0332160_17332804.jpg

合体! 縦でも横でもOK

絵がかわいいb




f0332160_17370959.jpg

自作ハンコで作ったパーツを、丁寧に内側に貼り付けてた清水さん作

横浜アマチュア陶芸展2016入選作品 おめでとう!!





[PR]
# by tatararara | 2016-10-26 18:58 | Comments(0)

日々のアレコレ、あと陶芸


by tatararara
プロフィールを見る
画像一覧